ジルコニアセラミッククラウンとは

ジルコニアセラミッククラウンとは

ジルコニアセラミッククラウンとは歯科の自費診療のオールセラミッククラウンの一種です。

このジルコニアセラミッククラウンを用いた歯科の治療を歯科医院・審美歯科で治療を受ける場合には保険適用にはなりません。保険適用が出来るのは法律的に保険で認められている素材を使う場合のみです。ジルコニアセラミッククラウンは保険適用ではないので保険適用での治療を受ける事は出来ません。

ジルコニアセラミッククラウンは従来のオールセラミックでは強度に不安があるという事で、奥歯のブリッジなどをする事が難しかった通常オールセラミックの不足点を補強をしたもので、オールセラミック製の歯の内側の一部に人工ダイヤモンドであるジルコニアを使用をする事によって強度の不安点が解消されています。

強い噛み締めの奥歯にも問題なくオールセラミックの歯を使用をする事を出来るようにしたのジルコニアセラミッククラウンという事です。

歯科の自費診療、保険治療ってなに?なんでオールセラミックの歯などが保険適用にならないの?
自費診療というのは、保険適用外の治療で保険適用がなされない治療のことを言います。

健康保険は、保険が適用する事が出来る素材を法律によって事細かに決定されているもので、ジルコニアセラミッククラウンという素材はその法律の適用範囲から外れることになりますから、ジルコニアセラミッククラウンが如何に良い素材であって金属アレルギー、歯科金属による歯茎の黒ずみなどが少ないとは言って保険適用外となる詩組となっています。

保険適用の治療というのは、何かしら疾患に対しての治癒、身体機能の回復を全体の国民に行渡るようにするという事を目的としていますから、限られた保険財源の中で目的を達成をしなければなりませから、身体的機能の回復、疾患の治癒に関して最もコストパフォーマンスの高い素材を使って治療をする事に限定をしています。

また、保険治療というのは疾患、何かしらの事故などによって身体機能の損傷などをした場合に、機能の回復などをして社会生活、一般的な日常生活に支障のない状態に回復させるという事が目的ですから、ただ治療行為を受けるような美容目的の美容整形外科での処置、審美歯科の歯の見た目に関して行う処置というのは範囲から外れるという事になります。